WordPressで特定カテゴリーにパスワードをかける。

WordPressにはデフォルトで特定の記事に対してパスワード制限をかけることが可能ですが、カテゴリーに対してはパスワードをかけることが出来ません。なので、特定カテゴリーに対してパスワード制限をかけることの覚書。

まず、Allow Categoriesというプラグインをインストールする。

Allow Categoriesを有効にする。

WordPressのユーザーで、ユーザー設定で購読のみで新規ユーザーを追加。

ユーザーが、パスワード制限がかかっているカテゴリーに入ろうとすると、Wordpressのログイン画面に飛びます。

ログイン画面に、先ほど作った購読ユーザーのIDとパスワードを入力すると、パスワード制限のかかったカテゴリー以下がみれます。

新着記事一覧等にはパスワード制限のかかっている記事は表示されません。

サイドバー等のメニューにはカテゴリー名は表示されるのでそこから入るか、バナー等からリンクでカテゴリーに入るっていうか経ちになります。

下は、Allow Categoriesの管理画面

スクリーンショット 2013-03-22 13.54.32

 

上記では、takupassってユーザーでログインするとカテゴリーに入れる。

なんか、チェックの入り切りが通常と逆?見せて良い物のみチェックを入れる。見せたくないものにチェックを入れるって形にすると2つチェックを入れるだけなんですけど、逆なんで指がつりそうになります。

 

尚、Wordpressにログインしてる時にページ上部にアドミンバーが出てきますが、都合で要らない場合は、functions.phpに

function disable_admin_bar(){
  return false;
}
add_filter( 'show_admin_bar' , 'disable_admin_bar');

あるいは、

ilter('show_admin_bar','__return_false');

 
を追記することで、アドミンバーは現れなくなる。

管理者でログインしている場合にのみ表示したい場合は、

function my_function_admin_bar($content) {
  return ( current_user_can("administrator") ) ? $content : false;
}
add_filter( 'show_admin_bar' , 'my_function_admin_bar');

WordPressのログイン画面を使用するので当然Wordpressのロゴが入ります。
スクリーンショット 2013-03-22 14.38.47
ついでに、ログイン画面も修正するには

function my_custom_login_logo() {    
  echo '<style type="text/css">
h1 a { background-image:url('.get_bloginfo('template_directory').'/images/custom-login-logo.gif) !important; }     </style>';
}
 add_action('login_head', 'my_custom_login_logo');

テンプレート内の「images」フォルダーに326px × 82pxで作ったロゴなんかを入れると変更することが出来ます。

この投稿へのコメント

  1. moca said on 2015年2月12日 at 2:14 PM

    http://webdesignrecipes.com/

    デザインの見た目がすごい似てますね!
    のりさんのお知り合いの方ですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL