MAMAPのphpMyAdminをアップグレード

WordPressをローカル環境で開発するためにインストールしているMAMAP。
でもしばらくしていると、古くなるphpMyAdmin。
phpMyAdminをアップグレードしたので覚書。

旧バージョンのphpMyAdmin

phpMyAdmin の新しいバージョンが提供されています。アップグレードの検討をお奨めします。最新バージョンは 4.0.5 で、2013-08-04 にリリースされています。っていうアラートが出ます。

phpMyAdminの最新版をダウンロード

All LanguagesとEnglishの2タイプがあるので、All LanguagesのZIPバージョンをダウンロード(phpMyAdmin-4.0.5-all-languages.zip)

phpMyAdmin-4.0.5-all-languages.zipをダウンロード

phpMyAdminをアップグレード

MAMAPを停止。

旧phpMyAdminフォルダネームをphpMyAdmin.org等何でも良いんで変更。

ダウンロードしてZIPから解凍したphpMyAdmin-4.0.5-all-languagesを同じディレクトリーに配置。

それを、phpMyAdminにリネーム

MAMAPのphpMyAdminの場所。
/Application/MAMAP/bin/phpMyAdmin

phpMyAdminにログイン

MAMAPを起動して、phpMyAdminにアクセスすると、ログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードを入力して「実行」をクリック。

ユーザー名:root
パスワード:root

アップグレード後のphpAyAdmin

これで、最新のphpMyAdminにバージョンアップされました。

ログインユーザー名とパスワード

このままだと、phpMyAdminの初期設定の認証はクッキーなので、アップグレードするとユーザー名とパスワードを絶えず聞いてきます。認証タイプをコンフィグに変更すればユーザー名とパスワード無しでログイン出来るようになります。

/Application/MAMAP/bin/phpMyAdmin/config.sample.inc.phpを複製して、config.inc.phpにリネームし、

/* Authentication type */
$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'cookie';

の部分を

$cfg['Servers'][$i]['auth_type'] = 'config';
$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
$cfg['Servers'][$i]['password'] = 'root';

に変更して、ブラウザのクッキーを削除すると、設定完了。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL