Mac OS X Lion リカバリーディスクアシスタント

今更ですが・・・

LionからOSのインストーラーDVDとか、CDとかってのが付いていないので、リカバリーディスクアシスタントをUSBメモリーにバックアップする、覚書。

 
Macを起動する時に Option を押しながら起動すると

・MacOS X
・Boot Camp(設定していれば。)
・Recovery HD

と、横並びに出てきます。

でもこれは、パーテーションを切ってOSとは別にRecovery HDをインストールしているため、HDD自体に不具合があると、どうしようもない。

って言うのを最近気づき・・・(遅い!)

Mac StoreでもUSBとか、ダウンロード版でも売られているが、そんな事しなくても自前のUSBでRcovery HDがコピー出来ます。

用意するもの。

・USBメモリー(別にSDカードでも、書き込める物であれば何でも。)
・Mac OS X リカバリーディスクアシスタント

URL
http://support.apple.com/kb/DL1433?viewlocale=ja_JP

USBメモリーを差して、(念のためディスクユーティリティーで Kac OS 拡張フォーマット)

ダウンロードしたファイルをマウント。

ダブルクリックでインストーラーが立ち上がり、どれにインストールするかを聞いてくるので、インストール先を選択(くれぐれも大事なデータの入ったHDDを選択しないように・・・消されます。)

データは1Gなんですぐに終わります。

USBメモリー内にデータがある場合は、名前も含めて全てフォーマットされ、Recovery HDのデータがが書き込まれ、完成。

備えあれば憂い無し。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL