iMacが来た。


長年使ってた、G5Quadではもうアプリケーションのアップデートは出来ないし、WordPressの最新版ののダッシュボードでは、ブラウザーが古すぎますってイチイチうるさし、テレビも地デジ化になりCM制作も段々しんどくなってきたんで、iMac CTOでCorei7 3.4GHz メモリー16GB 内蔵HDD2tを購入した。

最新iMacにはThunderBoltって新企画のI/Oが付いてUSB3.0よりもかなり高速で・・・。ついでに完全HD対応させるためにTunderBoltのHDDを買おうと決め探したが、現在PromisePegasusってのしかない。Raidです・・・。
以前PM8500の時代にSCSIでレイドを組んでたときがあったが、FierWireの普及でRaidが不要になり、しばらく使ってなかった。

TunderBoltの転送スピードを生かすにはSSDかRaidしか無いらしく、PromisePegasusのR6ってのを狙ったが高いんでR4にした。HDDが4つ入ったもの。
・・・で、iMac。

G5で使ってたCinemaDisplayとiMacを並べてみた。ドデかいゼっ!
嬉しがって、Raidも置いてみた。これまたドデかいゼっ!
Appleらしく美しく本体に面一処理された電源ケーブルをポチっと差し込んで、コンセントにケーブルをぶち込んで・・・。ドキドキっ・・・・???

ところで、パワーボタンはどこだ?
シネマディスプレイだと本体横にひっそりとパワーボタンがあった。「無い!」もしかして、ボディーの下?「無い!」ひょっとして、リンゴマーク?「違う!」キーボード横に有ったパワーボタン?「びくともしない!」
30分ほどして初めて取説を開く。
有りました。愛しのパワーボタン。電源ケーブルと一緒で、これまた美しくボディーと面一でアルミボディーと同色のパワーボタン。「解りにくいわぃ!」とニャけながら突っ込む。
解ってしまえば、こんなに美しい処理に感動を覚える。

そして、パワーボタンを押して、DVDドライブが「ウィ〜ん」と鳴って、からの!「ジャ〜ン!」。
おお!この音を待ってたんや!懐かしの新幹線音!

SHOPでBoot CampとWin7のインストール作業を依頼いてたんで、OS初期動画は見れなかったが、代わりに、ものすごくかっこ良くなった、ログイン画面。真ん中にリンゴマークでなく、イーグルアイコン。「カっ!かっ!カッコエ〜!!」


この日は、CMデータをG5でレンダリング作業中でその合間に、Adobeのソフトをフルインストール。
・Photoshop CS5.1・Illustrator CS5.1・Dreamwever CS5.5・Fierworks CS5.1・Flash CS5.5・Flash Catalist CS5.5・Indesign CS5.5・Acrobat Pro・Acrobat Destiller・Encore CS5.1・Medhia Encoder CS5.5・Onlocation CS5.1・AftereffectsCS5.5・Premiere Pro CS5.5・Office2011
たまらなく時間がかかった。


そして、今回久しぶりのRaid。PROMISE Pegasus R4。
貧そな取説を見ると、電源差して、ThunderBoltケーブルを差すだけでOKみたいなことを書いてたんで、とりあえず、電源ケーブルを先に差してみた。
・・・・・? パワーボタンを押してないのに勝手に電源が入って、HDD4台のアクセスランプが点滅しっぱなし?
いつまでたっても点滅しっぱなし。
慌てて、も一度梱包箱を調べると気休め程度の注意書きの書かれたペラものの紙切れ一枚があった。
最初に、電源を入れると、ハードディスクの初期化と(0書き込み)同期作業が自動で始まります。これは必須作業で、約10時間程度かかります。ほかの作業をしてるともっとかかるかも的なことが書かれてたんで、10時間?って思いながらもその日はそのまま電源入れっ放して帰宅。(差し込んだらすぐ使えますって書いてたのに)
次の日に15時間くらい経ってたがまだ点滅しっぱなし。そのまま置いて、その日は別作業をしてた。
そして次の日。まだ点滅しっ放し。これはおかしいって思って何かが間違ってる?と思い勇気を振り絞って、電源コンセントを引っこ抜いて、再度投入・・・・。結果は同じ。
次に、ThanderBoltケーブルをiMacに差し込んでから電源ケーブルを差し込む。
点滅しっぱなしやけど、HDDはマウントされてたんで、中をほぞいてみると PromiseUtilityなるもののインストーラーを発見。
早速インストールした。PromiseUtilityを開いて、いろいろ見ていくとSyinc時状況のステータスバーが有った。パーセンテージ表示で、現在7%。ってっことはこの二日間意味が無かったってことがバカな俺でも解った。
ThunderBoltケーブルを差して、電源を入れてからの同期作業だったのネ。(どこにも書かれてない。このご時世HDDで10万もするのになんて不親切。)
この日も、電源入れッパで帰宅。
次の日。確認すると、17%で止まってた???「なんでじゃ!コラ!」
iMacの省エネルギー設定でスリーブ状態に有ったためそこで止まってたみたい。
モニターも、HDDもスリーブしない設定で再び作業開始。
飯を食いにいったり、娘の夏休みの恐怖の宿題を手伝ったり、してる間に数時間。
確認すると54%まで来てた。ヨシっ!このままこのままってその日の夜夕飯後に同期作業が完了。しめて、4日もかかってしまった。

G5で作ったハイビジョンで無圧縮のCMデータをRaidに転送してドキドキしながらまわしてみた。
これまた、スムーズに回ってくれた。感涙!

ついでに、G5でAffterEffects7.0でエフェクトを使いまくったCMデータのプロジェクトファイルをNew iMacにプロジェクトごと転送しAffterEffect CS5.5でレンダリングしてみた。
G5+AE7=1時間10分
iMac+AE CS5.5=8分
テクノロジーの進化を思い知らされた。

ultrastudio3dあとは、BlackMagicDesign Thunderbolt Ultra Studio 3Dを予約注文したんでそれを待つばかり。

発売は、まだかしら。

僕もがんばろ!

New iMacでのシステム

この投稿へのコメント

  1. じょん。 said on 2011年9月6日 at 8:54 AM

    すごいですねえ!
    GREAT STUDIO!
    かっこいいです。
    うらやましいです。

  2. 西村高速自動車 said on 2011年9月6日 at 9:03 AM

    ナンチャッテスタジオです。
    しっかし、Macのマウスは相変わらず使いづらい。
    キーボードもテンキー無いし。

  3. tadango said on 2012年2月3日 at 1:03 PM

    Pegasus R6を購入した者です。なぜ初期同期にあんなに時間がかかるか調べていたらここに辿り着きました。同じ様に電源だけいれて放置していたので無駄にした時間が6時間で済みました。本当参考になりましたありがとうございます。

  4. 西村高速自動車 said on 2012年2月3日 at 5:49 PM

    tadangoさん
    ありがとうございます。
    他のHDDに比べて高い買い物なんで、もうちょっとだけ解りやすくしてもらえるといいのいね〜って感じです。

    HDDは、安定してるんですが、OS10.7のファインダーがハングしまくってます。

    アップルの1発目は鬼門なんで今まで敬遠してたんですが、後の祭りです。(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL