Head Cleaner入れてみた。

WordPressで色々いじってるとドンドン遅くなって来た。

高速化するTipsも色々あるけれど、ものぐさな私ニャできません。

で、Head CleanerなるWordPressを最適化と高速化するプラグインを入れてみた。

は、早いっ!(ビックリ)

以下WordPress Plugins/JSeriesさん参照

WordPress サイトの <head> の中身と、フッタ領域を整形しなおします。
注意:PHP 5 以降のみ対応です。

  • IE6 以外の時は先頭に xml 宣言を付与。
  • 重複タグや、不要なタグ、コメント、空白を削除。
  • <meta name=”description” /> タグが複数ある場合、一つにまとめる。
  • <meta name=”keyword” /> タグが複数ある場合、一つにまとめる。
  • 話題の <link rel=”canonical” /> タグを追加。
  • IE コンディショナルタグを判定して、ブラウザが IE の時だけ対象タグを表示。
  • CSS, JavaScript は、ブラウザが対応していれば gzip 圧縮転送。
  • 複数ある CSS を media 属性ごとに結合して一ファイルにまとめる。
    もちろん、そのファイルには インライン CSS も含まれる。
  • CSS を圧縮する。
  • CSS に含まれる画像の URL を、データスキーマ URI に変換する。
  • 複数ある JavaScript をすべて結合して一ファイルにまとめる。
    もちろん、そのファイルには インライン JavaScript も含まれる。
  • JSMin で、JavaScript のソースコードを圧縮する。
  • JavaScript をフッタ領域に移動することもできる。
  • フッタ領域の JavaScript も同様に結合して一ファイルにまとめる。
  • Prototype.js, script.aculo.us, jQuery, mootools が複数読み込まれている場合、1回だけ読み込むようにする。
  • Prototype.js, script.aculo.us, jQuery, mootools の読み込み順を修正して、できるだけコンフリクトが発生しないようにする。
  • CSS @import を展開して結合する。 (Ver.1.1.0 以降)
  • 管理画面より JavaScript を個別指定して、フッタに移動する。 (Ver.1.1.0 以降)

とにかく簡単に高速化できます。

スンバラしいものを考える人もいるもんだ。

 

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL