Appleがまたやってくれた

Mac G5 Quadを使ってだいぶ経つ。
うちのMacのシステムを一新しようとちょっと前からあれこれ考えてる。

今入ってるソフトが、
・AdobePhotoShop ・AdobeIllustretor ・AdobeDreamweaver ・AdobeAftereffects ・AdobeFireworks ・Eias3D ・Silo ・AppleFinalutpro ・AppleMotion ・AppleDVDstudiopro ・AppleCompressor ・AppleSoundtrackpro
ほか、ごちゃごちゃと・・・。

MacProはあまりにも凄くなり過ぎたので今回はやめとこかな〜
デスクトップでiMac corei7Quad 27″とモバイルでMacBookpro 15″corei7Quadプラス27″LEDCinemaDisplayで組んでしまおうかと思ってる。
iMacで20万強MacBookproで20万前後CinemaDisplayで9万ちょっと・・・で50万ほど

それにPowerPCのソフトは一切入らないので
ソフトのアップグレードで20〜30万ほど
う〜ん。80万円か〜
MacBookProやめとこかな〜
・・・だと、50万くらいで収まる。

なんて事を思案してました。
・・・で、出ました!Final cut pro X Mac App Storeのダウンロード販売のみで35,000円 Motion5 5,800円 Compressor4 5,800円

FinalcutStudioのアップグレードでたしか5〜6万やったので新規ユーザーでお買い得管満載。
でも、既存ユーザーのアップグレードは今の所無し。(ナメとる!)

Final cut pro XはEditWindowが無くなって操作感も今までとかなり違うらしい。
64bit完全対応で革新的な技術と操作感でかなりさくさくで使ってみたい。

・・・が!

AppleのページからDVDStudioproが無くなってる。僕の探し方が悪いのか!
SoundTrackproとカラコレはFinal cut pro Xに統合されたみたい。
でも、DVD Sutudio proが無くなってる。
ページを探しまくり、DVD Sutudio proのリンクをたどるとFinal cut pro Xに飛ぶ。
だが、Final cut pro XのどこのページをみてもDVD Sutudio proの項目どころか、検索でDVDって打っても「見つかりません」って出てくる。

Bluerayにも全く対応しないし、Appleは本当にDVDってメディアはいらないと思っているのか?

でもよくわからんが、iDVDはいまだに存在する。

システムを一新しようと考えている者たちにとって本当にAppleでなくてはならない理由が最近見えてこない。

どのみち、Adobe製品もすべてアップグレードをしなきゃ行けないので、Adobe Creative Suite Production Premium(長い!)で良いんじゃ無いかと思い始めてる。
Flashなんていらないが PhotoShopもIllustretorもAftereffectsもPremiereProもEncoreもAuditionもついてくる。後はDreamweverをアップグレードするだけでOKだし。

FinalcutStudio以外すべてWindiwsでも出してるし、マシン自体もWindowsで良いんじゃ無いかって思ったりする。Macをわざわざ買って、BootcampでWindowsいれて、Windowsのソフト動かしてってあんまり意味ないし。

AvidからFinalcutへ乗り換えて、Final cut pro Xの登場で再びAvidへ戻ろうとしている人もいるみたいだし。

でもね〜筐体のデザイン、操作性。無理なんですよWindowマシンでは生理的に。

Mac買って、FinalcutとDVDstudioやめてPremiereProとEncoreかな〜(なんだかモンモンとする。)

さよなら、Finalcut・DVDstudio

Appleはいつも思いっきりが良すぎて疲れる。(つーか、既存ユーザーにアナウンスちゃんとせーヨ!)
iPhoneばっかり力入れてんと!

愚痴日記になった・・・・・・。

OS X Lion?ソフトはインストールできるのか?Lionの次はどこへ行く?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL